アライグマの持つ病気やウイルスは?

ウイルス

アライグマがもたらす諸問題のなかでも、人命に直接かかわってくるのが感染症です。

人畜共通感染症のキャリア動物であるアライグマには、いくつか非常に危険な感染症リスクが報告されています。

野生化による農作物への経済被害問題が大きくクローズアップされていますが、野生動物による感染リスクもまた、憂慮すべき事象なのです。

ここではアライグマの持つ病気やウイルスについてみていきましょう。

アライグマによる感染症リスクを考える? 狂犬病について

死亡リスクが高く、危険な感染症の代表

狂犬病は発病後の死亡リスクが非常に高く、発病前にワクチン接種が間に合わなければほぼ確実に死亡すると言われるほど恐ろしい感染症です。

狂犬病はウイルスによる人獣共通感染症であり、感染した動物との接触などによって感染します。

よく、犬、特に野犬がその感染源、いわゆるキャリア動物であると思われていますが、実際にはヒトを含むすべての哺乳類に感染することが知られています。

もちろん、人への感染源のほとんどはイヌですが、コウモリなどの野生生物がキャリア動物となった例もあります。

アライグマがキャリア動物となるケースもある

日本国内で動物の狂犬病発生例は1957年以降ないことから、現在の日本は「狂犬病の発生しない国である」ということができます。

そのいっぽう、国外では多くの狂犬病事例があり、そこからの帰国者や動物の輸入により、日本国内で狂犬病が発生する可能性は常にあるわけです。

アライグマは諸外国において、狂犬病のキャリア動物となることが知られていますから、当然、国内の野生化したアライグマもその危険性をもっていることになるのです。

アライグマによる感染症リスクを考える? アライグマ回虫について

アライグマが宿主となる寄生虫の代表例

狂犬病ほどではないにしろ、アライグマ回虫による感染症もまた、アライグマの持つ脅威のなかで、死亡リスクをともなうものであると言えるでしょう。

アライグマ回虫はアライグマの小腸に寄生する大型の回虫で、人間に感染した場合は脳に急性障害を発生させ死に至らしめるとされています。

実際、アメリカでは人間の感染例があり、死亡例も報告されている。

さらに患者数の増加もあって特に幼児において注意喚起が為されているようです。

日本では、野生化したアライグマからアライグマ回虫は検出されていません。しかし動物園での飼育個体からは実際に検出されており、その割合は実に40パーセントにも上ると言われています。このことにより、野生化した個体においても、今後もその感染の危険性は消えないと考えられています。

発症例自体が珍しいため、看過される危険性も

アライグマ回虫による感染、発症の報告例は希少であり、仮に発生しても事例が少ないことからそれとわからず看過されている可能性もあると言われています。

さらにアライグマ以外の小動物から発見されたこともあるため、認知されない範囲での感染拡大リスクを懸念する声もあります。

いずれにしろ、感染すれば死亡リスクを伴うことに変わりはなく、狂犬病同様、注意と予防対策が必要なものであると言えるでしょう。

アライグマによる感染症リスクを考える? レプトスピラ症について

一般認知度は低いが発症例は多い

レプトスピラ症は、病原性レプトスピラの感染によって発症する病気です。

狂犬病などに比べて認知度は低いのですが、例えば環境省が示す「アライグマ防除の手引き」では、狂犬病に次に記載されていることから、アライグマによる感染症リスクを考える場合、非常に重要な要素であることがわかります。また、日本では家畜伝染病予防法における届出伝染病にも指定されています。

死亡リスクも高く、例えば1970年代には日本国内で年間50名以上の死亡が報告されていました。

さまざまな経路で感染する 集団感染のリスクも潜む

2014年から2016年にかけて、レプトスピラ症の集団感染が沖縄で確認されています。

もともと下水道工事関係者や畜産業に携わるものの職業病とも言われていましたが、近年海外流行地からの輸入感染も報告があるため、家畜、ペット双方に感染リスクがあると考えるべきでしょう。

基本的には排泄物を経由して水や土壌を汚染し、経口や経皮的に感染すると考えられています。

野生化したアライグマをはじめとする哺乳類が感染経路となることも、充分に考えられるのです。

今後、感染被害が増加することも考えられるため、注意が必要な事例のひとつといえるでしょう。

その他のアライグマの記事はこちら → 野生化したアライグマの被害とは